企業・工場の周りの環境整備・美化活動

近隣約3m美化運動を展開中

弊社の位置する丹波市は緑豊かな田園地帯にあります。
工場の北横(正確には北北東)はJR福知山線が走り、南側は文化ホールや公共の設備が多くある地域へと行くことができる県道が走っています。そして東側は田畑が広がっており、道路を挟んで西側は住宅街です。弊社がこの地に来たころは田んぼの中にポツンとあったのですが、その後周りにいろんな建物が建ちました。
 どこかの工場団地の中にあるわけではないので、煙の換気や排出には気を配り、また環境に影響を及ぼす様々な規制物質(たとえばRoHSやREACH等で規制されている環境物質)などは工場内には全くありません。

田舎の工場ではありますが、企業と言う存在が周囲の環境に迷惑をかけないよう。また少しでも景観がよくなるよう、自分たちのできる範囲で、最大限の環境への努力をしております。、環境規制物質は工場内に持ち込まない。原料においてもその含有物質を十分把握する。これらのことは当たり前の事と認識し、さらに工場の敷地内にとどまらず。周辺の環境にも気を配る

これを、弊社は「近隣3m美化運動」と言って自社の所有地と関係なく近隣のゴミ拾いや草刈りをしております。

上記は2012年7月10日撮影・会社の三方向です。



下記4つは2008年の5月の連休前あたりの写真です。
周囲環境を全くかまわなかった為、草もボウボウ
フェンスも錆ています。自分たちで少しづつ綺麗にしていきました。




春から秋にかけては工場の周りは油断するとすぐに草でボウボウになります。
線路面や農道や側溝横の空き地などは弊社の所有地ではありません。
が、JRや農地所有の農家さんなどに代わって草刈りをしております。

斜め右上と同じ場所です。弊社の土地ではありませんがほっておくわけにもいかず、
いつも草刈りをしております。
2009年には樹も植えました。そして草刈りをまめに・・



築山の緑の管理も大変です。すぐに草が茫々になります。
剪定も社員の手で行います。



フェンスのペンキ塗りも社員の手でします

勿論草刈りも・・・当然の事ですが・・

春から夏にかけては月に2〜3回休みの日に草刈りをします。(あつ〜いさなか重装備で・・)
特に北東側のJR福知山線が走っております方向は、農道でもあり草がよくのびるのです。
農道であるかどうかも?なのですが、おそらく農会の方で管理等されているか、JRの方で管理されているか
標示は立っていますが、はっきりとしないエリアです。だけど草ボウボウでの状態では放置はできません。
ここまでは誰彼の管理でここからは誰彼のと云々。四の五の言ってないで綺麗にする。ご近所ですから・・・
それが「近隣3m美化運動」の精神です。

暑い中、いつも鬼のように刈るので、その後よくダウンしますが・・・)
これからは熱中症に注意が必要です。でも後でよく脚がつります


↑工場は農道を挟んで田畑になります。その農道の草も同様に刈ります

2012年7月10日頃の状態ですが・・・


丸刃タイプの草刈り機で刈って暫らくしてから紐タイプので刈る。
そうするとさすがの雑草もちょこっとダウン、地面がむき出しになります。
一気にラウンドアップ等の除草剤を撒く手もありますが
後で鋤く田んぼ等ならそれも良いのですが、、
それをすると、後でワカメ状のコケが沢山生えてつるつるになります。
これが厭なので、何度でも刈る!それしかありません。

ここまで刈っても、すぐに生えてくるのが雑草の雑草たる所以です。
でも・・・、刈ったばかりの風景はとても気持ちイイものです。
(自己満足〜)

手前の空間はよく警察の車両がいて踏切の一旦停止を見ています。
警察の車両の為に、張る場所を提供しているみたいなものではありますが・・・

←クリックでトップ画面へ戻ります。