お知らせ2 は過去のお知らせをトップページより移動したものです。


お知らせ 2 その他

2012年春。
クラフト紙やパラフィン紙・ターポリン紙等の値上げをお願いしていることもあって、バタバタしておりますが、4月からは、紙管の値上げも決定しております。ご迷惑をおかけするかも知れませんが、よろしくお願いいたします。
 2011年秋
いつもは、秋になる忙しくなるのですが、今年は関東や関西で小さな加工屋さんが廃業などされた影響もあって、例年になく多忙で、納期がかかっているものが沢山あります (ものによっては納期が通常の2倍ほどかかるモノがあります。特に袋関係と小巻は超多忙です・・)またこの秋にはクラフト紙やライナー紙、紙管原紙の値上げが決定しており、それを含んだ注文予約も沢山いただいております。誠に申し訳ありませんが、その辺の事情をお含みおきください。
 

2009年7月10日 クラフト紙は要約少し値下げです。
7月7日の日経新聞の発表で、すでにご存知の方も多いかと思いますが、ようやく製紙メーカーが、クラフト紙を中心とする包装紙の値下を実施する方向になりました。値下げ幅は¥3〜5/k程度と僅かな幅になっております。ただし、筋入りクラフト紙は現状のままとなっております。このような状況下ですが、加工紙に使用されている樹脂につきましては、石油製品の乱高下と、殆どのメーカーが一社独占で、生産調整をしたことから、いまだ昨年秋の値上げ価格を維持したままで推移しております。従いまして、加工紙に かんしましては、大幅な値下げに動く状況には至っておりませんが、原材料のクラフト紙の値下げ分に関しましては、それらを反映していくべく、最大の努力をさせていただく所存です。実需との齟齬感はいがめませんが、加工紙の現状をご理解いただきますようお願いする次第です。

2009年3月25日 ダンボールの原紙・ライナーが4月より下がります。が・・・続・・今のところクラフト関係は?
紙管原紙がどうやら4月から少しだけ下がりそうです。(3円 kだと聞いていますが・・)まだ正式には何も聞いてはおりません。
クラフト等の包装紙関係は生産調整もあってまだ値下げの表明はなされていません。ライナーなどと比べて、動きが遅れているようです。
また、紙管原紙はダンボールに比べて下げ幅が少ない。これはおかしいとも思っています。
でも、実需から、連休ごろにはダンボール原紙に追随するのではないかと思っております。

2009年2月3日 製紙メーカーに減産により、原紙の価格はまだ値下がりしておりません。(1月31日付け日経新聞)
需要の大幅減退、 円高、原油安等の値下がり条件は整っておりますが・・・この状況では4月からは原紙が安くなるだろう・・・というのが業界の噂のようです。
(追記2月20日)

2009年1月5日 謹賀新年 簡略年頭ご挨拶
 厳しい年になりそうな予感は誰しも感じていらっしゃると思います。
が、「自助努力」をした者が生き残れる。世の気は個々の内にあり!最近よく思うことです。
 本年も尚一層の御贔屓、ご愛顧、のほどをお願いもうしあげます。 

2008年11月25日 紙製品の値上げの現状について(追記12月10日)
 原油の急落によって一部のポリ製品に値下げの動きはありますが、(ポリ袋などはもう実質下がっていると聞いております)まだクラフトを中心とする包装紙の業界は、製紙メーカーの値下げの方向は正式には、打ち出されておりません。現状ではまだダンボールケース等の値上げもやっと浸透したばかりなので、すぐには下げてこないようです。(この件では、11月29日付けの日経新聞の記事をお得意先にもコピーして配布しております)しかし、実需が先細っております現状に照らし合わせると、おそらく来年春には値下げの表明があるのではと考えております。(まだ業界の噂の範囲を出ていませんが・・・)製紙メーカーの値下げの表明が御座いましたら、速やかにご対応させていただきたいと思います。
 

2008年10月1日   価格改訂の月がスタートです。
 本日より弊社の原料の仕入れが一斉に上がります。紙管原紙はやはり15%以上の値上げ、クラフト紙も10%以上の値上げです。原紙メーカーの強い姿勢は揺るがないようです。市況が悪くなる一方なのに・・・なんとも申し訳なく・・・・原油も安くなってきているのに
ピンとこないユーザー様がいらっしゃるのも尤もですが、弊社の状況を説明しつつタダお願いするのみです。
  10月17日 値上げのお願いは殆ど終わりました。厳しい経営環境の中、多くのお得意先で殆ど満額をご了承頂きました。誠に有難う御座います。

2008年8月18日  お得意様各位  製品価格改訂のお願い   (お盆休み明け早々誠に申し訳なく・・・)
 誠に恐縮の限りですが、本日付けで各お得意先様には、納品書等と一緒に随時発送させていただいておりますが、加工紙のポリ等の樹脂・サクビの糊やポリ糸が7月1日より、パラフィンワックスとBアスファルトの値上げが8月1日より20%〜30%の値上げにすでになっておりまして(本年3月より比較値)、また製紙業界でもクラフト紙が10月1日より約¥15/kの値上げ、同日付けで、紙管原紙・ライナー紙が15%の値上げが決定しております。
 弊社といたしましても、この原料高にコスト削減努力が追いつかず、不本意ながら10月1日付けの出荷より製品価格を改訂させて頂きたくお願い申し上げます。
 なお詳細なお願いとその資料等は先にも書いておりますように、随時発送中です。貴社のお得意先にもその旨を、事前によろしくお伝えいただきますよう、お願いもうしあげます。
 今年になって2度目の値上げで、非常事態ともいえるような原料高の状況ですが、今後も変わらぬご愛顧を頂きますよう重ねてお願い申し上げます。

2008年7月28日  弊社改修工事と本年度 夏季休暇のお知らせ・・・
本年度の弊社の夏季休暇は、お得意先様には新年度にお配りしたカレンダーの通り、8月13日(水)〜17(日)となっておりますのでご了承ください。尚、弊社儀、7月22日より夏季休暇中まで、紙管製造設備、倉庫等の拡張のため工場内改修工事を行っておりまして、非常に混雑しております。また、本年の秋には様々な資材の再値上げが決定していますこととあいまって例年になく現場は多忙となっております。このため通常の納期間隔が守れない状況になっております、勝手ながらこのあたりの事情をご配慮の上、御注文、ご予約は通常よりお早い目に計画していただきたくお願い申し上げます。

     第2〜第3棟間 一部改修工事スタート 7月23日撮影
                    8月20日ごろ一次工事(倉庫)完了/自動シャッターを3台付けました。

  

2008年7月7日
下記エアーライン紙に関して1200幅の75g=「MK-75 」が好評です。3〜5mの小巻サンプル品を無料で提供しております。サンプル巻き在庫に限りがありますので、カットサンプルになったらすみません。(ある程度期間限定でサンプルは提供させていただきます)

2008年6月2日 糸入り紙等の袋モノの定置印刷の廃止に関してのお知らせ
現在お取引のあるお得意先様には先月、ご連絡しましたが、
糸入り袋を中芯とした袋物の定置印刷を、本年夏にやめることに決定しました。かつては、沢山の版を持って印刷をしておりましたが。現在ではその需要もめっきり減りました。新マシンの導入を機にそのスペースを空けて工場内を整備し有効利用したいと考えております。(すでに紙管の増産体制への移行が決定しております)もしお得意先で袋の定置印刷モノが御座いますれば、以後お受けできません。ご了承ください。尚、エンドレスの印刷モノは今後もさせて頂きます。勿論大型袋の製袋も続けて行きますので、よろしくお願いいたします。

2008年4月28日 
かる〜いフットワークと対応力が弊社の自慢(?)

最近このホームページを見ての弊社へのお問い合わせが多くなりました。大変ありがたいことだと思っております。しかも従来の包装関係や建設資材関係の方のみならず、弊社では思いもよらない業界の方や、その方面に出入りされている商社の方からも「こんなこと出来ないか」「こんな商品ないか」などのご連絡、ご提案をいただいております。弊社としては、新しい市場(少し大袈裟ですが)に打って出られるチャンスであると思っていますので、これからもお気軽に何でもご相談、連絡をいただきたくお願い申し上げます。
 また、最近環境への配慮からか、100gなどの業界ではあまりに各メーカーさんが在庫していない厚手のクラフト紙のお問い合わせが多くあります。50g〜75gは勿論のこと、厚手のクラフト紙は弊社は各種常備在庫で持っており、小巻、カットして出荷させていただいております。田舎にあるからできる業界最大級(?)の在庫規模による対応スピードは弊社の自慢(?)なのです。
 そして、弊社の環境負荷低減製品のエアーラインシリーズ(詳細は左コーナーをクリックしてください)も発売から約2年、やっと市場で認知されてまいりました。(この製品も売れないと場所を喰うので大変なんです。田舎にあるから加工できる商品だな〜なんて言っていますけど〜)やっと色々な業界に出荷されかけて、本当に有難いことです。

   以後削除

トップページに戻ります